scott-webb-M5PYMJ83OfE-unsplash.jpg

助成・顕彰実績

HOME > 助成・顕彰実績 > 2015年

年代別

2015年度

助成課題一覧

調査研究

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

共同研究者

助成金額

​(単位:千円)

宮本 佳明
大阪市立大学大学院
(工学部C-417建築デザイン研究室)工学研究科 教授

「根浜・牡鹿・フクシマ」-東日本大震災の被災3県を横断した生活環境再建のための調査研究

​1,500

西名 大作
広島大学 大学院
工学研究院 教授

ゲリラ豪雨への対処を意図した「雨宿り空間」の物理的要件に関する研究
-実大模型と人工降雨装置を用いた被験者実験による検討-

1,400

京 智健

アジア伝統都市における職住空間のデザイン研究

共同研究者/中川 理

(京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科教授)

1,500

水田 丞
広島大学工学研究院
社会環境空間部門・助教

十九世紀 東アジアの開港場における環境デザイン手法の比較研究

​1,500

合計

6件

総額 8,886

藤本 壮介
有限会社東聖
藤本壮介建築設計事務所

鋼製メッシュを利用したパビリオンの設計及び製作方法の研究(建築と周辺環境の新たな関係性の模索)

1,496

鈴木 広隆
神戸大学 大学院
工学研究科 准教授

谷折り線なし吉村パターンを用いた折り紙行灯デザインの可能性に関する調査・分析

共同研究者/小高 直樹

(神戸大学大学院教授)

1,490 

国際交流

申請者氏名・
所属・専攻分野

課題名

助成金額

​(単位:千円)

五十嵐 太郎
東北大学大学院
工学研究科 教授

中国現代の建築家による 建築・環境デザインに関する研究

​1,000

小渕 祐介
東京大学大学院
工学系研究科 特任准教授

横浜大さん橋国際客船ターミナルコンペ20周年記念シンポジウム

​1,000

合計

2件

総額 2,000

在外研修

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

助成金額

​(単位:千円)

荒谷 彩子

室内アートであり工業製品でもある家具の制作。工芸、家具、工業製品の各分野を横断する作品の具現化を通して、制作物に新しい価値を見出す。

​1,800

飯田 寿一

アジアの発展途上国における環境建築の設計の研修(インド・バリクリシュナ・ドーシ事務所にて)

​1,800

合計

2件

総額 3,600

創作活動の顕彰

第22回ユニオン造形デザイン賞

テーマ:「どこでもドア」

審査員:安田 幸一氏

受賞者氏名/所属機関

作品名

共同制作者

賞金

​(単位:千円)

最優秀賞

佐野 勇太
メルボルン大学大学院 
建築デザイン専攻

記憶形
―15の記憶形に形作られる’ドア’―

500

優秀賞

小林 良平
東京藝術大学 美術学部 建築科
教育研究助手

地球の反対側と暮らす

300

優秀賞

齊藤 誠
建築学専攻

3mmの都市の奥行き

共同制作者/

武田 慎平
田中 和沙

300

佳作A

鬼頭 朋宏
大成建設株式会社
関西支店 設計部

ここでもドア

200

佳作A

ニコラ 咲菜恵
Ecole Nationale Superieure
d'Architecture de Paris
La Villette(ENSAPLV)

町の秘密なDOOR

200

佳作B

岡田 有祐
京都工芸繊維大学大学院
建築学専攻

ドアのないドア

共同制作者/

藤井 愛

100

佳作B

山口 琢磨
フリーランス
建築専攻(SPAIN MADRID在住)

もしもドア

100

佳作B

齊藤 佑樹
日本大学大学院 理工学研究科
建築学専攻

思い出への液体ドア

100

佳作B

瀬藤 謙徳
近畿大学 工学部
建築学科

ドアの実が落ちる

100

佳作B

大田 美奈子
関西大学大学院 理工学研究科
環境都市工学専攻 建築学分野

土着的トイレ。無感情で開くと、異空間。

共同制作者/

寺田 桃子

100

佳作C

安東 美咲
熊本大学 工学部 建築学科3年

MIND TELEPORTATION DOOR MUSEUM

共同制作者/

菊地 健太郎
筒井 総一朗
江口 信

50

佳作C

池野 雄貴
東京理科大学
工学部 建築学科

Bricolaging Door

共同制作者/

丸山 航

50

佳作C

井上 慧祐
芝浦工業大学大学院 理工学研究科
建設工学専攻 原田真宏研究室

大海原の小さな "潮溜まり"
―港の漁礁をつくる自然のドア―

50

合計

13件

総額 2,150

2021年(令和3年度)

各種助成申請書フォーム

申込書
フォーマット

2020年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

2019年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

©  UNION CORPORATION JAPAN ALL RIGHTS RESERVED.