scott-webb-M5PYMJ83OfE-unsplash.jpg

助成・顕彰実績

HOME > 助成・顕彰実績 > 1998年

年代別

1998年度

助成課題一覧

調査研究

平山 育男
長岡造形大学造形学部助教授

1,350

入江 由香
早稲田大学理工学部助手

1,940

塚田 章
京都市立芸術大学美術学部デザイン科助教授

2,000

研究課題

大学の空間に関する研究

プレ・アンコール期建築都市の調査研究―サンボール・プレイ・クック遺跡建築物の測量調査

民家の移築 成立と消滅の要因

16世紀スペイン初期石切術書にみられる切石の作図法に関する研究

“さら(new)”と“なじみ(aging)” 人工物の経時変化と“美・醜”に関わる調査結果

申請者氏名・
所属・専攻分野

(単位:千円)

助成金額

2,000

2,000

合計

5件

総額 9,290

中川 武
早稲田大学理工学部教授

岸田 省吾
東京大学工学部助教授

申請者氏名・
所属・専攻分野

課題名

助成金額

課題名

国際交流

申請者氏名・
所属・専攻分野

課題名

東京芸術大学・デュッセルドルフ美術アカデミー 現代美術交流展

UIFA国際女性建築家会議 第12回日本大会関西国際交流セミナー

“創・彩・空”展(第6回 アジア現代彫刻会 国内展)

(単位:千円)

大沼 映夫
東京芸術大学美術学部長

助成金額

​1,000

中原 暢子
UIFA JAPON

(国際女性建築家会議日本支部)

1,000

石川 幸二
アジア現代彫刻会

1,000

大西 正文
財団法人国際デザイン交流会

日本デザイン界と在日アジアデザイン留学生とのネットワークづくり

500

合計

4件

総額 3,500

在外研修

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

「水」が生命誕生の根源的な要素であるという事を前提に物質に生命感が宿る空間構造をさぐるため、有機物と無機物の違いを美術的な解釈で解明する。

空間と場所と構造の関係を絵画的視点から表現する
異文化の中における自己の再発見と再確認

(単位:千円)

菊池 省吾
Kunstakademie Dusseldorf

助成金額

2,400

山口 玲子
セルジー国立美術大学学生

2,400

箭内 新一
Willem de Kooning Academy Rotterdam 学生

西欧のオルタナティブスペース活動を背景とした現代美術におけるインタラクティブな空間造形(空間と身体、作品との相互作用)コミュニケーションの装置としてのインスタレーション

2,400

合計

3件

総額 7,200

創作活動の顕彰

第5回ユニオン造形デザイン賞

テーマ:「アナログな、(or)の、家 -自分の居住スペースを考える-」

審査員:高橋 靗一氏

田浦 正広
小針 智幸
伊藤 綾子

田村 飛鳥

細沼 俊

田村 飛鳥

共同研究者

受賞者氏名/所属機関

山口 賢
アイキューアーキテクツ一級建築士事務所

南雲 淳子
東京芸術大学 大学院

花岡 郁哉
東京大学

内田 慶造
内田慶造都市建築設計事務所

中原 嘉徳
(株)若松六本木設計

栗崎 浩
関西大学 大学院

木村 吉成
(株)日建設計 フリー

久谷 靖哉
大阪工業大学 大学院

小川 利和
武蔵工業大学 大学院

比護 結子
フリー

奨励賞

奨励賞

入選

入選

入選

入選

作品名

ガラスの回廊

(単位:千円)

賞金

1,000

1,000

光襞の家

アルバースの正方形

3-X BOX

都市の狩猟採集民

A CONTEX HOUSE

入選

analogue (subject) digital

入選

砂塵の家

心の居場所

入選

200

200

200

200

200

200

200

山木 央子
(株)オデッセイ オブ イスカ

ぷぁぷぁもあっとポコポコふわり

入選

200

相馬 大輔
長谷川順持建築デザインオフィス

MEMORIES ―時を刻む家―

入選

200

入選

モビールハウス

200

合計

12件

総額 4,000