佳作C

大海原の小さな“潮溜まり”
 ―港の漁礁をつくる自然のドア―

井上 慧祐

芝浦工業大学大学院 理工学研究科
建設工学専攻 原田真宏研究室

人と海の接点である港に、様々な生き物の居場所になる“潮溜まり”を提案します。自然現象で起こる、潮の流れは、季節や時間で絶えず変化し、港に様々な表情をつくります。自然のドアは、これらの流れに合わせて不規則に開いたり閉じたりして、その時・その場所に居る生き物を“潮溜まり”の中に運んでいきます。美しく広大な、紺色の世界が私たちと出会う場所。そこには、ゆらゆら揺れる無数のドアが浮いてくる。流れに身を委ねながらそのドアをくぐり抜けると、そこには豊かで小さな“潮溜まり”がある。海上では、私たちの操縦する船がゆらゆらしている。海中では、小さな魚の群れが縦横無尽に遊んでいる。海底では、鬱蒼とした茂みに生き物が潜んでいる。
港の入り口に、潮流で開閉するドアをつくることで、小さな“潮溜まり”は様々な生き物の居場所をつくり、人と自然を結びつける新しい繋がりをつくり出します。

2021年(令和3年度)

各種助成申請書フォーム

申込書
フォーマット

2020年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

2019年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

©  UNION CORPORATION JAPAN ALL RIGHTS RESERVED.