4等賞

Sink Line

小沢 翔太

工学院大学 大学院 建築学専攻

共同制作者/
津田 鷹一  坂間 慶介

01-1.jpg

郊外のロードサイド沿いにみられる風景。
ヨーロッパのような整った田園風景では決してない、商業施設に付滞する大型駐車場に占められた均質で離散的な風景が続いています。この離散的な状況を受けとめた、新しい郊外の風景を構築できないでしょうか。具体的な操作は、駐車場の中央からなだらかに20cm ほど窪ませて大きなくぼみをつくるだけです。たとえば雨上がりの一時、白線は沈み、ちょうど足元が浸かるほどの湖があらわれます。郊外では駐車場は必要台数に関係なく、土地の残余部分につくられるため、大きくゆとりを持ちます。だから、こんなおおらかなつくり方もあり得るのではないでしょうか。ここに郊外のおおらかさをかたちにした公共空間を提案します。