佳作A

Noah's Ark
~コンテナハウスが飛来する未来~

鏡 亮太

名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科
芸術工学専攻建築都市領域

共同制作者/
太田 将司
名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科
芸術工学専攻建築都市領域

01-1.jpg

日本の仮設避難所にはプライバシーの問題やコミュニティ形成のための場所の不足など解決すべき問題が数多く存在します。そこで、SRC造の津波避難タワーおよびコンテナハウス加工場を全国の沿岸部に計画する。津波避難タワーにはあらかじめ地域の人が利用する公民館的な施設を計画することで立体的なオープンスペースなる。このタワーは”止まり木”として日常的には、地域住民の使う公民館的に機能します。そこに観光地化してホテルが不足した場合や住戸が不足した場合、震災が発生した時には、住戸用に加工されたコンテナがコンテナ加工場から”鳥のように”飛来して仮設集合住宅を形成します。公民館的な機能はそのまま集合住宅のコミュニティスペースやラウンジとなりこの建築に賑わいを生みます。この飛来するコンテナ群と津波避難タワーによって各地の沿岸部に集合住宅が生まれては消える新たな風景を創造します。