佳作

擁壁のつながるまち

石塚 直登

横浜国立大学 大学院 都市イノベーション学府
建築都市文化専攻 建築都市デザインコース(Y-GSA)
建築意匠設計専攻

01-1.jpg

斜面地におけるオルタナティブなインフラとして、擁壁を用いることを提案します。自動車道路に代わるインフラを設定すること で、町の中に新しい共同体単位を作り出します。風景を分断していた擁壁は、新しい町の風景を生み出すこととなり、新たに建って いく住宅の建ち方も、緩やかにコントロールすることになります。住宅間に存在する擁壁に、チューブ状の空間を持たせることで、 まず動線としての機能を持たせます、さらにチューブに住宅の諸機能、特にパイピングを必要とする水回りなどを付加し、住宅から 機能を吐き出します。さらに、コモンキッチン・コモンダイニング・コモンライブラリなど、共有することで持ちうる大きさや質の諸室 が付加されます。住宅は建て替えに際して縮小し、共有した擁壁空間を使いながら生活する町へとなっていきます。擁壁の動線は、 日常生活の移動をサポートするとともに、非常時の避難経路としも機能します。