入選

伊原 慶

早稲田大学 大学院 建築学

共同制作者/重松 英幸

部屋はあらゆるものを内包している。空気、人、モノ。しかしそれらは全てが部屋の姿に寄与しているとは言えない。 つまり使わないモノは隠匿され、使うモノのみ現れる。ヒトも同様である。収納を否定してみる。そこには全てのモノが現れる。凹みはモノの使用状況を克明に顕在化してしていく。
隠す行為を拒否する部屋、“見せない”ではなく“見えない”事を建築として記述する。

2021年(令和3年度)

各種助成申請書フォーム

申込書
フォーマット

2020年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

2019年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

©  UNION CORPORATION JAPAN ALL RIGHTS RESERVED.