優秀作品賞

テーブルとイスのある風景

齋藤 亮

フリー

共同制作者/青木 幸子 

01-1.jpg

テーブルとイスのある部屋がある。
この部屋は壁にそって人が一人通れるほどのスペースを残してテーブルで占められており、通常の部屋のサイズと家具の関係とは異なる。
この部屋では、生活する際に現れてくるものが全てテーブルという同一平面上の中で完結している。同時に部屋のサイズに対して異様に大きなテーブル とイスがつくりだすこの部屋の風景は、普段見慣れているとは何か違い、そして時に驚きであったり滑稽であったりするかもしれない。
モノやヒトが現れては消え、あるときは放置されたり、思い思いに過ごしたりと、様々な風景がこの部屋で現れては消えていく。