佳作

道草の家

小野 晃次郎

工学院大学 工学部 建築学科

08-1.jpg

これは住宅地の隙間に建てられているまちの家。人々の生活に使われていた小道に現れたこの建築は、人々の生活に溶け込みながら、新たな出会いを作りだしていく。  
もともとあった住宅の塀を取り払い、木造のフレーミングにより住宅地の中にある小さな風景を切り取っていく。まちの家は、まち並みと呼応しながら、まちの中のすきま、人々の時間のすきまに溶け込んでいく。