奨励作品

折れ曲がる境界

岩木 友佑

乃村工藝社 デザイン1部

共同制作者/松本 晃一

08-1.jpg

面を折り込んでいく事によって出来る境界を構想しました。それは建築とも土木とも言えない、ふわっとした存在であり、その規定されすぎない部分に可能性があるのではないかと考えたのです。そのため、私たちが提案する構造物は、屋根や床、壁といった明確な分類がなされず、その角度や高さによって様々な役割を果たしていきます。
そうした操作を経て、その見た目とは対称的に、実に柔らかな機能性、意味性を持つものとなりました。「あちら側とこちら側という関係を生み出す、一つながりの境界」としての存在、それは、何かを造ることで発生する作用の一つ一つの関係性を整理していくきっかけを与えてくれる事でしょう。