奨励作品

GyueeeeN

加藤 健一郎

名城大学 大学院 
建築学専攻

建築を制限するさまざまな境界線をなくすことを考えた。ありとあらゆる建築は必ず敷地の上に建っている。与えられた敷地の形状で、ある程度のボリュームが決まってしまう。その囲いの中でいっぱいいっぱいまで広がろうにも限界があり、上に行こうにもそこには目に見えない規制線が張られている。
境界線をなくすことで建築を地面から開放する。敷地の制限から放たれた建築は一本の支柱を中心に上下左右へと自由に体を突き出す。より居心地の良い場所を求めて手足を伸ばす。窮屈な都市の中でもその建築は自由に振る舞いをみせる。

2021年(令和3年度)

各種助成申請書フォーム

申込書
フォーマット

2020年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

2019年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

©  UNION CORPORATION JAPAN ALL RIGHTS RESERVED.