佳作B

海ヲ洗濯スル漂泊船
~Asile flottant as a bearch purification ship

馬場 隆介

鹿島建設 建築

01-1.jpg

私は修士研究から継続し、ビーチクリーン等を行う国際海洋保護NGO と共同し、湘南を拠点に海洋汚染と建築の接続可能性を探っている。他分野を専門とする若手デザイナー・サーフィン等のアスリートを囲いこみ、環境保護デザインチームの立ち上げた。今期からはNGO旧本部改修に向けクラウドファウンディングやW Sを継続している。本提案では、私の今日までの知見を踏まえ、日本のアジールフロッタンを設計した。誰もがもどかしく思う毎回間に合わない仮設の避難所の供給問題がある現状に対し、現状のプラごみ汚染をポジティブに転化し、海上に蓄えられた建築資源と捉える。浮くことで陸から解放された、船舶は建築資源の回収船として、海を浄化しながら、難民を救済する仮設シェルターを再資源化建材により作成する。