奨励作品

次の間の家

小杉 嘉文

早稲田大学 理工学部 建築学科

共同制作者/岡田 朋子

01-1.jpg

これは、住む人が二つの領域に属して生活する住宅である。住人は各自二つのドアをもった個室をもつ。一方は基本的な衣食住の生活を共にする例えば家族と、もう一方は趣味や余暇を共有する人ともつ部屋と繋がっている。
部屋同士が相関図のような関係をもち、全ての部屋(住人)が個室(個人)を介して連鎖している。両方の生活が表裏のような一対一の関係になり、二重の関係の中で、二つの居間をもって生活を送る大きな家である。