優秀賞

整頓工法

矢野 冬馬

文化財建造物保存技術協会

例えば石があれば礎石とし、その中でも大きいものは構造とする。木があれば植栽とし、勝手の良いものは柱とする。また枝葉が張っていれば梁とし、屋根とする。小川が流れていれば少しだけ流れの向きを変えて、小さな池をつくる。その土地にある自然物をひとつずつ取り出し、少しだけ手を加えて、人のモデュールへと計画的に据え直す。文化財の修理にも似たその丁寧な過程を、整頓工法と呼んでみる。そしてこれだけでは人が生活できないので、それらの上に補助的な工作物をさっと付け足す。こんなつくり方をすれば、散漫な自然のモデュールは秩序ある木石の並びにかわり、水際はシンプルな幾何図形を描くだろう。またそこに架かる2枚のスラブの間では、樹皮や苔生す岩肌が白い天井、床、間仕切りに縁取られながら詩的に現れるだろう。そこでは自然、土木、建築の境界線上でお互いが干渉しあい、有機的に結ばれる。

2021年(令和3年度)

各種助成申請書フォーム

申込書
フォーマット

2020年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

2019年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

©  UNION CORPORATION JAPAN ALL RIGHTS RESERVED.