最優秀賞

建築に植物を生けるように

林 拓真

東京理科大学大学院
理工学研究科 建築学専攻

共同制作者/花摘 知祐
村松 佑樹

本計画は植物を主体とした植物の為の建築を設計します。 私達は「花瓶」と「花」の関係に着目しました。これらは人工物と自然物でありながら互いに一体化しています。これは花瓶が花の為に造られているからこそ一体化を保っているものと考えます。 建築を植物主体で設計することで無理なく植物と建築を繋ぐことができるのではないでしょうか。 そんな植物の為に出来た建築に人が住まい、緑や地面を感じながら生活します。そして植物の為の建築が人の為の建築になるように設計を行いました。

2021年(令和3年度)

各種助成申請書フォーム

申込書
フォーマット

2020年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

2019年

各種助成対象者

留意事項及び完了報告書
フォーマット

©  UNION CORPORATION JAPAN ALL RIGHTS RESERVED.