2等賞

小さな建築をつなげて
大きなかたちをつくる

河野 泰造

首都大学 東京大学院
都市環境科学研究科 建築学域

共同制作者/佐藤 敦

01-1.jpg

未来のパブリックスペースは個々の建築でつくるよりも、都市の建築群が一つのまとまりになってつくられていくと思う。都市の雑居ビルの上層階は将来価値がなくなって、空き部屋になってしまう。都市は将来こういったストックを抱えていく事になるので、これを有効に公共空間として使う事を提案とする。ビルの空いている上層階をつなげて都市に大きな平面をつくる。大きな平面は都市の空き部屋の状況によって形態を決定されるので、大空間や、細長い空間、またでこぼこして、生き物のようである。ここに都市の要求にあったプログラムを挿入していく。そうしてできる公共施設は現在の計画学からは生まれない新しいかたちになる。建築一つ一つには持ち主がいるけれど、そういう枠組みを超えて空間を共有していく事で、持ち主のいる公共空間が生まれる。未来の風景は色々なものが共有されて、新しいかたちが出来上がっていくと思う。