奨励賞

境界線の建築

黒川 麻衣

法政大学大学院
デザイン工学研究科 建築学専攻

01-1.jpg

防潮堤は海と陸、海と人を遮断します。震災以降、東北地方の各地では巨大防潮堤の建設が決定されました。反対の声も多く聞こえる中、結局解決することはなく、防潮堤の建設が動き始めています。
そこで、防潮堤の間に人々の集いの場をつくることにより、新たな防潮堤のカタチを提案します。「遮断する」という防潮堤に建築がつくられることにより、防潮堤は人々の新しい生活の一部となります。海と陸、海と人の境界線が溶けあい、防潮堤はこれからの未来を結ぶ大切な要素となります。