佳作

入れない家

高工 芳伴

東京デザイン専門学校 建築デザイン科

01-1.jpg

巨大な壁面を伝って屋上まで続く階段。
しかし、この家には入れない。すなわち、中に入る事ができない。人は表面でのみ生活する。
巨大な内部空間は、ただ小さな穴から覗きこまれるだけである。 
1.中に向かって声を出す。
2.中をじっと見る。
3.中に少しだけ入ろうとする。
その空洞は、人を包み込む事はない。何ものにも専有されない空間。
その界面の溝表裏・帯域で人は混虫可する。
この家のサイズは縦50m横50m高さ60mの巨大な家である。