佳作

共振をはじめる家

佐野 雄基

名古屋市立大学院・芸術工学研究科
建築都市デザイン領域

08-1.jpg

それぞれの家がウラを提供し合うふるまいから、全体に共感を生む提案である。
敷地は均一的に住宅が並ぶ分譲地で、魅力のないとされる均一性を利用して、提案する家から隣地境界線上に「共振の軸」をつくる。この家のふるまいが分譲地全体に共振して広がり、集落のような共感を生む。

この分譲地には、お店も無く、街とも遮断されており、住民同士のコミュニティが作りづらい。このままの分譲地では、商品としての住宅に住むだけになってしまい豊かな生活が送れない可能性がある。分譲地でなく集落のような共感を生む必要がある。外部と遮断された、この分譲地だからこそできるコミュニティを作り出す。

共振の軸を通して、家のウラに植物を置く、趣味の道具を置くなど個々のふるまいが共感を生み、全体に広がっていく。互いにウラを提供し合う事で、この均一的で無機質な分譲地で育つ子供たちが、故郷と思えるような風景を作る。