scott-webb-M5PYMJ83OfE-unsplash.jpg

助成・顕彰実績

HOME > 助成・顕彰実績 > 2020年

2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

2005年度

2004年度

2003年度

2002年度

2001年度

2000年度

1999年度

1998年度

1997年度

1996年度

1995年度

1994年度

2020年

助成課題決定一覧

調査研究

(単位:千円)

中谷 礼仁

早稲田大学理工学術院
教授

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

共同研究者

助成金額

新興キリスト教シェーカーコミューンに関する文献翻訳と現地調査による生活デザインの研究・その2

-

​1,500

佐藤 淳

東京大学大学院
新領域創成科学研究科
准教授

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

共同研究者

助成金額

大自然の光環境を創り出すテンセグリティファサードの研究 (自然環境における光環境を室内空間に再現しエネルギー負荷を軽減するファサードの研究)

平沼 孝啓

(ハーバード大学客員教授)

​1,500

川井 操

滋賀県立大学 環境科学部
環境建築デザイン学科
准教授

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

共同研究者

助成金額

「練り土積み」構法(Cob-wall)の応用可能性とその実践的手法に関する研究
~インド・ビハール州ブッダガヤ、ハティヤール村を対象として~

芦澤 竜一

(滋賀県立大学環境科学部
環境建築デザイン学科 教授)

陶器 浩一

(滋賀県立大学環境科学部
環境建築デザイン学科 教授)

​1,500

山田 宮土

理近畿大学建築学部 講師

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

共同研究者

助成金額

未焼成レンガ「グリーン・ブリック」を用いた内壁仕上げに関する研究

中村 航
(奈良女子大学生活環境学部
住環境学科 助教)


稲垣 淳哉
(早稲田大学芸術学校 准教授)


佐野 哲史
(一級建築士事務所Eureka 代表)


永井 拓生
(滋賀県立大学環境科学部 講師)


堀 英祐
(近畿大学産業理工学部 講師)

​1,500

塚本 由晴

東京工業大学
環境・社会理工学院
建築学系(塚本由晴研究室)教授

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

共同研究者

助成金額

地域資源を活用した「クラブ」によるコモンズの再構築

貝島桃代
(筑波大学芸術系准教授
スイス連邦工科大学チューリッヒ校
建築ふるまい学教授
東京工業大学 環境・社会理工学院)


佐々木 啓
(建築学系建築学コース 助教)

​1,500

箕浦 永子

九州大学大学院
人間環境学研究院
都市・建築学部門 助教

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

共同研究者

助成金額

近代日本の在外学校における建築デザインに関する調査研究

-

​1,500

助成金額

申請者氏名・
所属・専攻分野

共同研究者

研究課題名

総額 9,000

6件

合計

国際交流

(単位:千円)

菅谷 富夫

地方独立行政法人大阪市博物館機構
大阪中之島美術館準備室 室長

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

助成金額

国際シンポジウム「都市の記憶:建築とデザインのアーカイブをめぐって(仮称)」

​1,000

松島 さくら子

宇都宮大学 教授
アジア漆工芸学術支援事業代表

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

助成金額

世界のうるし-装飾と造形-デザイン交流プログラム

​1,000

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

総額 2,000

2件

合計

助成金額

在外研修

(単位:千円)

浜渦 良明

フリーランス 建築家

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

助成金額

「場所・歴史・生活」の特質に注視してきたポルトガルの建築・建築家との交流を通して、建築環境のあり方を考える。フェルナンド・タヴォラという、アルバロ・シザの師であり、モダニズムの時代に地域性を重要視するポルトガル建築を牽引した建築家がいた。彼が開いた地域主義建築の可能性は、現代社会、また現代の日本ではどのような意義を持ちえるのか。実践的な設計活動と、現地での調査・研究によって深く解釈し、広く社会での参考となるようまとめたい。

1,800

申請者氏名・
所属・専攻分野

研究課題名

総額 1,800

1件

合計

助成金額