top of page

研究報告要約

調査研究

3-128

目的

長谷川 聡

 寒冷地における冬季の生活では、降雪や路面の凍結といった大きな物理的障壁があり、誰もが慎重な歩行を求められる。それゆえ、冬季の生活では多くの生活者が自動車で外出するため、各商業施設等には多くの屋内駐車場が設けられているが、それでも冬季の来客数の多さには全く対応できず、大半は屋外駐車場を使用せざるを得ない。それゆえ、駐車場に積雪や路面凍結のある場合は、屋外に駐車してから店内に至るまでの歩行はもとより、買い物後の荷物をもちながらの歩行にはなおさら慎重な歩行や大きな労力を伴う。
このように歩行の制約を強いられる中、幼少児のいる家庭においては留守を任せる者がいない場合、幼児を連れ出さなければならず、買い物等の外出は大きな負担となっている。これは、自宅からベビーカーでの外出に限らず、自動車でも外出先の駐車場から建物に至るまででも同様な労力を要する。

 雪による悪路をベビーカーが走行するために、4輪タイプ向けの前輪のそれぞれに装着するスキー板状のアタッチメントの先行製品はある。これは、圧雪路向けのものである上、店内の出入り時にはアタッチメントを着脱や、付着した雪の除去を風除室で行わなければならない。雪の除去を疎かにすると、店内の至る所で雪が融け水浸しになり、他客の転倒を誘引してしまう。このような状況を解決する手立てを見付けることで、寒冷地冬季の過酷な環境における子育ての労力を低減させたい。
そのために、ベビーカー本体をそのまま載せることができ、商業施設等の内部空間で着脱することなく使用できるように、底面にベアリングを組み込んだボード型のアタッチメントが雪道走行に有効か検証する。

内容

 厳冬期におけるにおける雪道、アイスバーンといったベビーカーの走行は、過去に大学の演習における学生の発案がまとめられたものはあるが学術的な検証はない。
また、先行製品では、Wheelblades社(スイス)がベビーカー前輪用(左右別々)にスキー板形状のアタッチメントを製品化しているが「圧雪路面用」として使用環境を限定している。
本研究では、圧雪路面のみではなく新雪やアイスバーンといったあらゆる路面での使用も含めての走行試験を行う。

本研究は、以下のプロセスで進めていく。
①この研究で使用する一般的で実験に適したモデルのベビーカーを選定する。
②先行製品であるWheelblades社の雪道用アタッチメントの調査を行い、サイズ、材質、機構、構造等、細部
 まで検証する。
③上記に基づき、本研究で検証する試作の設計を行う。
④試作モデルを製作する。
⑤以下、3通りの走行試験を雪道で行い比較する。
 ❶何も装着していないベビーカー
 ❷Wheelblades社の雪道用アタッチメントを装着したベビーカー(前輪のみ)
 ❸試作モデルを装着したベビーカー
⑥結果を検証した上で最終モデルを設計し走行試験を雪道で行う。
⑦走行試験の結果を元に必要があれば最終モデルに手を加え、最終の走行試験を雪道で行う。
⑧ここまでで得た結果を元に、報告書を作成する。
⑨報告書を元に論文を執筆、最終モデルは産業見本市やメディアで発表を行う。

方法

本研究の方法は、以下の通りである。
事前準備
1)ベビーカー用雪道アタッチメントの先行製品調査。
2)先行研究調査

本研究
1)ベビーカー機種選定を行う。
 4輪タイプでボード型アタッチメントを装着しやすいモデルとする。
2)先行製品(Wheelblades社の雪道用アタッチメント)を測量し、同製品の材質、装着方法を検証する。
3)ベビーカーのパーツを測量し、装着箇所、装着方法を検証する。
4)簡易試作モデルを製作する。
5)走行試験を行い、3通りの走行試験を雪道で行い比較する。( 広島県山県郡北広島町にて行う。)
6)1回目の走行試験での成果を確認し、最終モデルの材質や製作方法を検証する。
(展示会等に出品できる仕上のものとして検討する。)
7)最終モデルを製作する。
8)2回目の走行試験を行う。(ユーザーを想定している降雪量の多いエリアとして北海道札幌市で行う。)
9)ユーザー評価試験を行う。(ベビーカーメーカーの札幌エリア担当者による。)
10)第2回の走行試験での結果をもとに最終モデルの改良を行う。
11)3回目(最終)走行試験を行う。
12)結果を取りまとめ、報告書を作成する。

結論・考察

英文要約

研究題目

申請者(代表研究者)氏名・所属機関及び職名

本文

bottom of page