研究報告要約

​在外研修

29-301

目的

池内 麻依子

フィンランド北部ラップランド地方、キッティラにあるトントラ(体験型宿泊施設)の依頼で、冬に訪れる家族連れ観光客が楽しめる雪と氷を利用した遊び場をデザインする事になった。
研修の目的は、ローカル地方にある自然素材(特に雪と氷)を利用し、その地域の魅力となり得るパブリックアートとランドスケープをデザインする事である。
北極圏に住む人々は厳しい気候風土の中で生活を営んでいる。その厳しい環境を活かした地域の活性化が求められている現在、研修の推進が活性化に寄与すると考える。

内容

現地で発見された木のスプーンの形を基にした滑り台と、木の幹に住むエルフの家をモチーフにした滑り台、幾つかの古い本を参考に作られた迷路、フィンランドの落ち葉からアイデアを得たアイススウィール(氷でできたステージの様なもの。)、フィンランドの伝統工芸のククサカップの形をしたかまくらをデザインした。
照明では、フィンランドの紅葉であるルスカやベリーなどの植物(緑・黄緑・黄・オレンジ・赤・紫)の色を参考にデザインした。電気の熱で雪や氷が溶けない様にする為、LEDライトを使う事に決めた。
ラップランド大学のワークショップとして学生・教員と共に作品を制作した。
制作中に建設場所、遊具の位置、参加人数、材料等の変更があった。その為、制作内容全ての制作と影絵アニメーションの上映はワークショップ内では行えなかった。

方法

リサーチで集めた情報を基に、アイデアスケッチを描き、その中からデザインを決め、3Dモデルの作成を行った。3次元で確認しながら改善が必要な部分はデザインを変えていった。
具体的な作品のデザインが決定した後、製図を作成した。実際に必要な雪の量、遊具の適した配置等を考えた。
依頼者とのミーティングで最終案と制作に必要な器具等の確認をし、必要があれば修正を行った。
大学の学生向けワークショップ行い、遊具の制作を行った。始めに作品の設置場所、作品の大きさや向きを確認・決定した。木製の型を組み立て、雪を中に入れて塊を作った。数名型の中に入り、雪が型の隅々まで均等に行き渡る様に踏み固めた。時間をおいて雪を固めてから型を外した。削り取る部分に印を付け、大きな部分から細部へと順番に彫った。最後に表面を仕上げ、周辺環境を整えた。

結論・考察

雪の彫刻がその場所と合うデザインであった為、依頼者はとても喜んでいた。再度現地を訪れた際、人々が使用した跡が多く有り、家族連れの訪問者を中心に満足してもらえた。
今回の様に、自然素材を用いて屋外に作品を作る場合、気候の変動に備える事が重要である。また、備えていた選択肢が上手く機能しなかった場合、その場でベストな選択が出来る様、常に柔軟であるべきである。
ワークショップが制作のキーポイントとなる為、参加メンバーの考えを相互理解する話し合いの場を随時持つ事が必要である。制作中に起こる問題を解決していくのも制作を進めていくメンバーだからである。彼らの力を最大限に活かせる様、導く必要もある。
依頼者の要請によりプロジェクトを進めていったが、状況が変わり意図した様に進行させる事が難しかった。予期せぬ変更は事前に予想できず、最後までプロジェクト推進に影響した。

英文要約

研究題目

The study of environmental design by applying winter public art that made of snow and ice in the Arctic area

申請者(代表研究者)氏名・所属機関及び職名

Maiko Ikeuchi
The University of Lapland,
Student of Arctic Art and Design Master’s Degree Program

本文

My project was an environmental design project, and to design and build a playground with snow and ice in Tonttula, Kittila. It was for the family tourists during the Arctic winter.
The purpose of this project was to invite more visitors from Finland and abroad to the Arctic region. In addition, it was for the tourists to get to know the climate of the Arctic Circle and the beauty of nature.
Moreover, it was also for the people who living in the area to rediscover the charm from the local culture and nature and realize the value of the area.
It was carried out on the 15-19th of January 2018. The tourists coming to Lapland during the winter are having interests and feel charms to the natural phenomena. They are eager to feel and see coldness, snow, ice, darkness, Aurora, reindeer, cultures, and so on that existing in the Arctic area.
Therefore, I thought it would be an excellent opportunity for the audience to think about the ecosystem of the natural environment as well as the beauty of natural materials if we create art using snow and ice, which was a natural material symbolizing the sustainable and Arctic Circle.
Tonttula is located in the Lapland region in northern Finland. It is an experiential theme park that is operated by the Hullu Poro group. They own many accommodations and facilities in Levi that is famous as a ski resort. The theme of Tonttula is Santa Claus and its Elves, therefore, the premises consist of old buildings, antique furniture, and things related to fairy tales such as Santa Claus and Elves.
About the contents of the project, I made a winter playground with university students. It was a part of university workshop. I designed a labyrinth with the form of the old books, a slide with a shape of the wooden spoon, some resting snow dome with the figure of Kuksa, and some ice swirls that have shapes of fallen leaves. The inspirations of those ideas were from Finnish traditional crafts, fairy tales, and nature.
In the end, we made 3 snow Kuksa domes and 1 wooden spoon shape of the slide because we had limited workmates and time.
Regarding an animation, I created a simple elves shadow animation and projected it to snow objects as an experiment. I was hoping to make the playground more attractive. My idea was that when a person was playing in the playground and standing between the projector and the object of snow, the shadow of himself would also become a part of an interactive media art because it was projected simultaneously on the animation.
This time, I did the experiment on 4th of February because we did not have enough time to try it during the workshop. It went well even though there were not many audiences. It would also be a possibility of future winter art.